2Gbpsから10Gbpsへ大幅アップ!NURO10Gのスペックを解説

家庭用では世界最速のNURO光で、一部エリアからさらにパワーアップしたNURO10Gがスタートします。回線速度を追い求める人にはたまらない内容になっています(笑)

NURO10Gの基本スペック

通信速度:下り10Gbps,上り2.5Gbps
月額料金:9,800円
エリア:東京,神奈川

通信速度をフルに出すには環境が必要

まず、無線LANではどんなに環境が良くても規格上最大で1.3Gbpsが限界になります。

 

スペックをフルに引き出すには有線LANで接続する必要があります。有線LANでもLANケーブルがカテゴリ6A以上、パソコン側が10GBASE-T対応のLANカードが付いていなければいけません。

 

すでに組み立てられて販売されているパソコンは1000BASE(1Gbps)が最高なので、NURO10Gを活かすには自分で自作で組み立てる必要があります。ちなみに、10GBASE-T対応のLANカードだけで軽く4万円ぐらいします。

 

月9,800円を払ってNURO10Gを使うならぜひともパソコンのスペックを合わしていきたいですね。

エリアによってモデム機能のみかルーター機能付きか変わる

使うエリアにによって10G Wプランと10G Sプランの2種類があります。
どちらを選んでも料金は変わりませんが、10G Wプランはルーター機能付き、10G Sプランはモデム機能のみとなっています。10G Sプランで複数台繋げる場合はご自身で無線LANルーターを購入する必要があります。

まとめ

まだまだ実験的にスタートしたばかりなので一般的な使い方ではかなりオーバースペックだと思います。エリアもまだ一部のみのなので、実用レベルになるのは数年先かなと思います。動画サイトや配信で4K放送がデフォルトになる頃には手が出しやすい金額まで下がっているんではないんでしょうか。