ADSLを使った有りがたさ。

インターネットに個人宅に引っ張って使い始めたのはもう10数年前になります。

 

今でこそ家庭内は無線LANにしてパソコンやスマートフォンをWiFiで使うことが当たり前になっていますが、インターネットを使い始めた頃は、電話回線に繋いでの利用でした。

 

それから使用頻度も高くなってきてインターネットやメールで使うデータが重たくなってきました。

 

その時はまだダイヤルアップでしたのでスピードも遅く ストレスが貯まっていた記憶があります。

 

程なくしてYahooのADSLに切り替えました。転勤の時に引っ越しになったこともあり電話回線の見直しが必要があったからでした。その頃も既に光回線のメニューもありましたが、かなり費用が高い時代でした。

 

ADSLは回線スピードの割には月額の料金が安くて使い勝手が良かったと思います。

 

契約した後の印象は強烈に残っています。ダイヤルアップからの大幅なスピードアップなので、今までタラタラとした遅さからいきなり超特急レベルへの進化を感じた程でした。

 

メールで文字を送れた感動から動画をサクサクと見れる驚きへと変わっていったことは今でも忘れることはできません。

 

ましてや電話もIP電話としての利用ができたので料金メリットはインターネットだけではありませんでした。

 

今でこそスマートデバイスを家族全員が使っていますがADSLの利用はデータ通信だけではなく電話としての利用価値も大きくて長距離の電話の頻度が高かった我が家としてはADSLの存在は大きかったと思います。