光回線で通信費削減

自宅の光回線を活用することで、携帯料金も含めた家庭全体の通信費を削減することができます。フレッツ光やauひかりなど、光回線を利用している家庭が増えています。

 

光回線自体の料金は各社それほど大きな違いはありませんが、家族の中で各個人が使用しているスマートフォンの通信費もトータルで考えると以前よりも金額を抑えることができるようになってきました。

 

例えばauでは自宅でauひかりを使っていると、auスマートフォンの月々の通信費を割引くサービス(auスマートバリュー)を行っています。家族がauの携帯を使っていればその家族分だけ割引されるので、その家庭の通信費はかなり下がることになります。

 

同様のサービスはソフトバンクでも行われていて、先日ドコモもフレッツ光と携帯のセット割引きを解禁するよう要望を出しており、もうじきNTTとドコモのセット割引サービスが開始すると思われます。

 

こうした通信費削減の他にも、現在スマートフォンは1ヶ月あたりの通信量に上限が決まっている契約がほとんどです。外でも自宅でも各キャリアの回線を利用してスマートフォンを使っていると、あっという間に通信量の上限に達してしまいます。

 

そこで家庭ではスマートフォンをWi-Fiを使い光回線を利用するようにすれば、もしデータ量が上限に達してしまったとしても追加料金を払う必要はありません。自宅の光回線はよほど多量に使わない限り規制されることはありませんし、このように自宅の光回線を活用することで月々の通信費はもちろん、データ通信量も抑えることができます。

 

NURO光ではソフトバンクのスマホやiPadなど合計10台まで月1,522円割引されるスマホBB割と呼ばれるサービスがあります。ソフトバンクを使っている人はぜひとも利用しましょう。